レッスンに使用する機材

U87Ai

NEUMANN U87Ai

言わずと知れた、ザ・レコーディングスタンダードマイクです。
世界中のプロスタジオに定番として置いてあるデリケートで高価なマイクを、Vocal Gym 3UP では生徒さんのボイトレに躊躇なく使用します!
値段を聞いたら、生徒さんは唄う時以外マイクに近付きません(笑)

KSM9&Beta58A

左 SHURE KSM9       右 SHURE BETA58A

左はコンデンサーマイクで、かなりレンジを広く収音してくれます。
右のマイクの7倍くらいするハンドヘルドタイプではかなり高級なマイクです。
教室では講師のトークマイクとして使うという贅沢な使い方をしています(笑)
右はダイナミックマイクで、定番SM58のハイ抜けが良くなったバージョンです。
生徒さんのライブレッスン用に使用しています。

ヘッドホン

奥 SONY MDR-CD900ST  手前 audio technica HP-M50x

 

SONYのこのスタジオモニターヘッドホンも、超定番の製品です。
音楽に携わる人は誰でも持ってると言っても過言ではないですね。
audio technicaは、ボトムエンドの確認をする時に重宝します。
これは世界500本限定色デザインの物です。

アウトボード

マイクプリ SSL XLogic Alpha Channel  コンプ Empirical Labs Distressor  I/O RME Fireface UFX

マイクプリアンプは微小な音声信号を適正レベルに増幅する機材です。
このマイクプリの性能が音質に大きく影響するので、マイクの次にこれをケチるのはよくありません。
インターフェイスに付属のマイクプリを使って録音している人も多いと思いますが、あまりおススメできる物は搭載されていませんので、音質を求めるなら単体のマイクプリを通すのがベストです。

コンプレッサーは、1176やLA-2Aというスタジオには必ずあるといってもいいコンプが有名ですが、このDistressorもスタジオによく置いてある名機です。
当校では、積極的な音作りというよりそれぞれ声量の違う生徒さんの録音レベル(ボリューム)をある程度揃えて、クリップ回避のリミッティングの為に使っています。
もちろん、本気のレコーディング時にはその人に合わせてベストセッティングを施します!

インターフェイスは、性能、価格ともにプレミアムな部類に入る Fireface UFXを置いています。
このI/Oが無いとDAWは機能しませんから、全ての音をPCにデジタルコンバートしていくプラットフォームの役割を果たします。
大変重要な機材ですが、皆さんここにお金を投資して音質の良さを求めたりする人が多いですが、先述した通り、マイクやマイクプリをいい物にした方が断然音質には効果があります。

以上が主な使用機材ですが、マイクから専用PCまでを含めると、100万円はゆうに超えますね。。。

Vocal Gym 3UP では、これらを皆さんのボイトレに惜しげもなく使用します!
プロ志望はもちろん、趣味の方も、ご年配の方やお子様も、無料体験レッスン受講者だって、誰でも使えます!

あなたも是非、ボイトレを楽しみながらハイエンド機材を体感してみませんか?
まずは無料体験レッスンにお越し下さい♪

無料体験レッスンお申込みはこちら↓から

広島でボイトレするなら Vocal Gym 3UP <お問い合わせ>ページへ